北海道・サハリン州市民交流会議

市民交流会議の歩み

 市民交流会議の前身として1996年、北海道とサハリン州における姉妹友好都市関係にある市町村が一同に会し「北海道・サハリン州姉妹友好都市代表者会議」を結成しました。 姉妹友好都市相互の情報交換や交流上の問題に関し協議を行い、交流事業の市町村連携を密にして協力体制の強化を図ると共に、姉妹友好提携都市の拡大を目的として、サハリン州と北海道で毎年交互に開催され、2005年まで継続されました。
 その成果を認め内容を確認した上、以後は市民誰もが参加できる方向を追求すべきとの議論に達し、市民外交のあるべき姿を求め名称を「北海道・サハリン州市民交流会議」と改称し、2006年「第1回市民交流会議」を札幌市で開催しました。
 市民交流会議開催の趣旨は前身の姉妹友好都市代表者会議と大きく変わる事なく継続されていますが、市民交流会議の大きな特徴はその時の時局で取り上げられる課題をテーマとして各層の貴重な意見交換の場として展開されていることです。

これまでの会議のテーマ

  • 第1回「姉妹友好都市代表者会議」の発展に向けて(2006年)札幌市
  • 第2回「サハリン州と北海道の現状と課題(2007年8月3日)ユジノ市
  • 第3回「環境問題、現状と課題、相互協力関係」(2008年7月11日)札幌市
  • 第4回「経済・文化交流」の発展に向けて(2009年8月25日)ユジノ市
  • 第5回「医療・福祉政策」の充実に向けて(2010年7月9日)札幌市
  • 第6回「観光に関する相互の協力」(2011年8月23日)ユジノ市
  • 第7回「市民スポーツ交流」の推進に向けて(2012年9月20日)札幌市
  • 第8回「サハリン・北海道、食産業の発展に向けて」(2013年6月13日)ユジノ市
  • 第9回「豊かな生活環境」の充実をめざして 「医療・福祉・教育」をめぐる諸課題(2014年9月25日)札幌市
  • 第10回「友好・交流事業の発展のために」(2015年9月10日)ユジノ市
  • 第11回「北海道とサハリン州の観光交流」の発展に向けて  「産業観光」の促進に向けて(2016年11月11日)札幌市