北海道日本ロシア協会

トップページ  >>  第40回サハリン平和の船

「アレクサンドロフスクの旅」

第40回サハリン平和の船
時期:8月20日(月)〜8月24日(金) 5日間

 「北サハリン・鉄道の旅」訪問団は、ふるさと訪問を目的とした他の班と異なり、鉄道に興味をもつ人、先史時代や近・現代の歴史に関心のある人、あるいはサハリンの最深部に行ってみたいという人などの、様々な要望から集まった混成部隊であった。したがって年代も、上は80代から下は30代の前半までと幅広く、職業も公務員や会社員、大学、教授から学生、そして年金生活者まで幅広い。

 これらの人々からなる一行12名は、アインス宗谷の船中から、ユジノサハリンスク、そしてティモフスコエに到る列車の旅と時を重ねるにつれて、コミュニケーションを深めていった。老人は北緯50度線をはさんだ日ソ戦争の悲惨さを語り、若者は、年寄りの荷物を担うなど、一つの家族のような雰囲気が形成された。

 帰りの稚内の埠頭では本当に別れがたい気持ちになったのは私だけではないであろう。サハリン平和の船の旅に10回近くも参加している私にとってもこのような楽しい体験は、初めてであった。

野村 崇